ウイスキーコニサーとは

コニサーとは「鑑定家」の意味で、ウイスキー文化研究所が主宰する、ウイスキーに関するあらゆる知識、鑑定能力を問う資格認定制度です。資格には3段階あり、第一段階の「ウイスキーエキスパート」に始まり、「ウイスキープロフェッショナル」、そして最終段階の「マスター・オブ・ウイスキー」と段階を踏んで取得していきます。

  • 1ST1ST
  • 2nd2nd
  • 3rd3rd
  • 試験対策

    ウイスキーに関するあらゆる事柄をまとめた公式テキストや、勉強のポイントやウイスキー最新情報が分かる対策講座をご紹介します。合格には相応の学習時間が必要になりますが、ウイスキーに対する理解を深めることが合格への近道です。

    マスター・オブ・ウイスキー
  • マスター・オブ・ウイスキー
  • 受験者データ
  • 受験者データ

    約2000名の合格者が誕生している本試験は、酒類の輸入・流通・販売会社や、バーテンダー、飲食店などの仕事に携わる方から、仕事に活かせる資格としてご活用いただいています。また近年では、酒類業界を志望する学生の受験も増えています。

    受験者データ
  • マスター・オブ・ウイスキー

    ウイスキーコニサー資格認定試験の最高峰。最難関の試験を突破し、ウイスキーのすべてを熟知した合格者に与えられる称号です。

    マスター・オブ・ウイスキー
  • マスター・オブ・ウイスキー
  • ウイスキーレクチャラー
  • ウイスキーレクチャラー

    ウイスキープロフェッショナル有資格者以上の知識を持ち、「ウイスキーセミナー講師認定講座」を修了した人をウイスキーレクチャラーとして認定しています。認定講師は全国のカルチャーセンターなどで活躍しています。

    ウイスキーレクチャラー